日本の決済システム

決済システムは図のようになっています。

わが国の資金決済システム
資料提供:日本銀行

日本銀行当座預金とは?
各金融機関が中央銀行に持つ当座預金口座は、金融機関の間での資金受け払いや金融機関と中央銀行との資金受け払いなどに使われています。
中央銀行の当座預金には二つの種類があります。 「即時グロス決済」と「時点決済」です。
両者の違いは、中央銀行に当座預金口座を持つ金融機関が、中央銀行にそこからの支払を依頼した際に、その支払を中央銀行が1件ごとに 全額を直ちに決済する(即時グロス決済)か、それともある一定の時点まで待って、他の多くの受払とまとめて決済するか(時点決済)という点にあります。
まとめて決済する場合、経済的には中央銀行が金融機関ごとにその「時点」の受払差額を算出し、その金額だけを当預口座に入金したり引落したりしていることになるので「時点ネット決済」とも呼ばれています。
日本銀行の「時点決済」の場合も、金融機関の当預口座の残高はその「時点」における受払差額分だけ増減することになりますが、実際の事務処理においては、受払差額ではなく、個々の受払一本一本が記帳(処理)される扱いとなっているので「時点ネット決済」と呼ばれることもあります。

1.全国銀行データ通信システム(全銀システム)

内国為替運営機構が運営する内国為替制度において支払い指図の伝送や受け払い差額計数の算出を伴うオンラインシステムです。 支払いを行う金融機関は振り込み、送金などの支払い指図を全銀システムを通じて受け取り金融機関に送信します。 全銀システムは支払い指図の送受信を媒介した後、各金融機関の受け払い差額(為替決済額)を計算します。 為替決済額の決済は日本銀行の当座勘定間の振替で行われます。 決済の時刻は午後5時となります。

全銀システム

リスク回避の方法
・仕向け超過額管理制制度前年中の1日平均引き落とし決済額の10倍のボリュームラインを超える仕向けは認められない。
・即日決済化実施
・各金融機関ごとに自らの与信枠を設定する。

2.日本銀行ネットワークシステム(日銀ネット)

日本銀行が運営するオンラインシステムで、日本銀行当座勘定の振替、登録国債の移転登録、国債振替決済制度による国債の振替などを行います。 金融機関相互の短期資金取引や手形交換制度、全銀システム、外為円システムにおける受け払い差額(交換尻)決済に用いられるほか、日本銀行と市中金融機関などとのオペなどの決済にも利用されています。

1996年の時点で707行が日本銀行に当座預金を開設していました。
このうち日銀ネットを利用して行うオンライン取引先が423行でした。

日本銀行の当預決済
日銀は当預決済の提供を午前9時から午後5時まで行っています。 当預決済のタイミングについて利用者は「即時グロス決済(RTGS)」と時点処理(時点ネット決済)」の二つから選ぶことが出来ます。
・即時グロス決済を選んだ場合
日銀に受付られ次第、残高の範囲内で決済される。赤残は認められない。
・時点決済を選んだ場合
取引先が指定した時点(午前9時、午後1時、午後3時、午後5時)まで日銀があずかる。
その際に当該時点における各取引際の総受取額と総支払額の差額が計算されて、その金額だけが当預口座に入金されたり引き落とされたりする。
時点別にみた決済の主な内容
時点 決済の内容
朝金決済(午前9時) コール取引の決済
交換尻時点(午後1時) 手形交換尻の決済
コール取引の決済
東京金融先物取引所円決済
3時時点(午後3時) 外為円決済制度の決済
国債DVPの決済
為決時点(午後5時) 全銀システムの決済
現在は時点決済が主流となっており、1996年時点で99.9%が時点決済を選択していました。
リスク回避の方法
日銀ネットの時間延長。

3.手形交換システム

各地の銀行協会が運営する手形、小切手などの交換制度です。
加盟金融機関は顧客から受け入れた手形・小切手などを手形交換所に持ち出して交換所は各金融機関の受け払い差額(手形交換尻)を計算します。 手形交換尻の決済は日本銀行または幹事銀行の当座勘定の振替で行われます。

4.外国為替円決済システム(外為円システム)

東京銀行協会が運営する外国為替円決済制度(外為売買、輸出入取引など外為関係取引に関する円資金の受け払いを行う仕組み)において支払い指図の伝送および交換尻計数の算出などを行うオンラインシステムであり、同協会から委託を受け日本銀行が日銀ネットの一部として提供しています。

円の支払いを行う金融機関は支払い指図を日銀ネット外為円システムを通じて受け取り金融機関に送信します。 このシステムは支払い指図の送受信を媒介した後、各金融機関の受け払い差額(外為円交換尻)を計算します。 この交換尻の決済(午後3時)は日本銀行当座勘定間の振替で行われます。

リスク回避の方法
・各銀行が自主的に支払額から受取額を差し引いた支払い超過額に上限を設定する。
・その限度額は限度額最大の銀行を基準とし、取引参加者が分担して担保をつむ。
・支払い指図の先日付入力禁止
・即日決済方式導入
などが行われています。

さらに、以上の各決済システムの発展に伴い、各国中央銀行が営業時間をオーバーラップさせることが出来るように協力しています。

東京とニューヨークの間には14時間もの時差があり、今後米国のFedwireと日銀ネットの時間差短縮が望まれています。 双方のオーバーラップタイムが一時間あれば一部は即時グロス決済を出来ることになるからです。
これに対し、欧州のユーロ決済システムであるTARGETは米国および日本とかなり時間的にオーバーラップしています。


TOPへ

外国為替保証金取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。
【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差が生じます。
<取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:『外貨ネクストネオ』各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:『外貨ネクストネオ』手数料0円>
株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065
金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509)